セクシーな青

今年初出勤、いかがでしたか?さぞかしお疲れでしょう。

さて、今日も年末にスウェーデンから入荷した商品のご紹介です。
この写真は、Rorstrand製のBla Eldシリーズです。
左から、クリーマー、シュガーボウル、モーニングカップとケーキ皿の白、そしてケーキが乗っているのが、ケーキ皿の青です。

0104blaeld.jpg

1949年にHertha Bengtsson(ヘルサ・ベングトソン)がデザインし、1951年から1971年まで製造されていました。
最初はこの青と白のカラーが、後に赤とグレーが追加されます。
彼女を代表するこのシリーズですが、特徴はヘリンボーンの地模様。食器全体を覆うその模様はまるで、柔らかい布で覆われているようです。
また曲線を描き女性の体を思わせる形状は、時には”セクシー”と評されるほど。
Bla Eldを見ていると、彼女が硬い陶器をいかに柔らかく見せるかということに挑戦をし、そして見事に勝った結果のように思えるのです。
“Bla Eld”とは”青い火”という意味。反対のイメージを持つ二つの言葉を組み合わせたそのネーミングこそ、硬い陶器と柔らかい表現という、相反する二つのものに取り組んだ証なのではないでしょうか。

さて、このモーニングカップ、大きくて驚いたと以前に書きましたが、どれくらい大きいのかアラビアのファクトリーマグと比べてみました。
ほーら。こんなに大きいですよ。

0104blaeld&factorymug.jpg

ファクトリーマグ、微妙に負けています。(容量は同じくらいかな?)
お茶やカフェオレを飲むときに、手持ちのマグじゃ気分が盛り上がらない方。どうぞこのカップでお楽しみください。
飲んだ後は、ちょっとセクシー度もアップしますよ。(多分)
Bla Eldシリーズは、今月中にアップの予定です。アップの際にはメールマガジンでお知らせします。
登録がまだの方は、この機会に是非ご登録ください。登録はこちらから。
ミタ

【この記事をシェア】

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る