フィンランドのスパイスケーキ

120821-1.jpg

こんにちは、毎年買い付けでお世話になっているフィンランドのお店では行くたびにお母さんが、手作りのスパイスケーキを焼いて用意してくださいます。
とても美味しいので、レシピを聞くと教えてくれたのですが、計量単位に「コーヒーカップ」とあったので、なんだこりゃ、と思いつつ数年が経ってしまいました。

これが、そのメモ。
それが、最近になって、ピルタナウハ織りの講師の一人、エックさんが「フィンランドではコーヒーカップは150ccですよ」と教えてくれたので、今日ようやく作ってみました。

120821-2.jpg

お母さんはいつもクグロフ型で作ってくれるので、それに倣って私もクグロフ型を用意。慣れない型で要領がつかめず、きれいに抜けませんでしたが、とりあえず完成しました(崩れた所は裏に回して撮影)。

このレシピは後ほど改めて、サイトの「北欧の人に教わった美味しいスイーツたち」に掲載しますので、どうぞお楽しみに。
以前、スウェーデンのマリアンヌさんに教わった、お母さん直伝のスパイスケーキよりもふんわりしていて軽く、スパイスも少なめ。初めて北欧のスパイスケーキを食べる人にも食べやすい味です。
ちなみに、マリアンヌさんのスパイスケーキは、先日「北欧のおいしい話

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る