しずく堂さんと東京北欧巡り

先週末は急遽開催した『しずく堂の北欧蚤の市』に多くのご来店をありがとうございました。オープン時に沢山あった雑貨や布が終わる時間にはすっかり少なくなっていました。

さて、蚤の市を終えて、翌日は二人で東京の北欧巡りをしました。まずはしずく堂さんが行きたかったという六本木のレストラン『リラ・ダーラナ』さんへ。Go To Eatを利用して予約しました。

ランチコースは前菜からデザートまでの充実の内容。こちらは前菜盛り合わせ。

次はサラダ。トッピングの穀物が美味しい。

メインには名物のチキンオバジンを選びました。名物と言われるだけあって、美味しい。しずく堂さんが選んだサーモンソテーとシェアしました。

ところで、SNSを見ているとチキンオバジンを北欧料理と思っている方がいらっしゃるようでしたが、多分ヤンソンの誘惑をアレンジしたリラ・ダーラナさんのオリジナルじゃないかな。

ちなみにオバジンとは料理名でなく、フランス語で茄子のことです。アメリカでは茄子はエッグプラントですが、イギリス圏ではフランス語が外来語として定着して、オバジンと呼びます。北ヨーロッパではあまり一般的でなく、私がアイルランドに住んでいた時は、地元の人はあまり使う野菜ではありませんでした。

最後はデザート。この時点でかなりお腹いっぱいだったので、頑張って食べたのですが、少し残してしまいました。お支払いの時にシェフの遠藤さんに挨拶して次の目的地へ。

リラ・ダーラナさんは下記リンク先からどうぞ。
北欧料理リラ・ダーラナ

次の目的地は、フィンランド大使館で開催中の『ヘイニ・リータフフタ陶芸展』。大使館はリラ・ダーラナさんのある六本木駅の隣の広尾駅で、リラ・ダーラナさんからは歩けば20分ほどなので、歩くことにしました。

大使館内の仮設建物メッツァパビリオンが会場です。

完全予約制なのでゆっくりと鑑賞できます。ほーと観ているしずく堂さん。

フィンランドセンター所長のアンナ–マリア・ウィルヤネンさんが、お忙しい中5分ほど時間を作ってくれたので、しずく堂さんのことについて少しお話しました。所長は、今年1月に大使館で開催した企業見本市で糸メーカーLankava(ランカヴァ)のブースを手伝っていた、しずく堂さんのことを覚えていました。

最後は電車で原宿に移動して、IKEA原宿へ。

店内を堪能してから、表参道を数時間散歩とショッピングして、お腹を減らして、夕食のためにIKEAに戻りました。

IKEA原宿限定ツンブロードと噂のプラントボール。お肉を使わないで作った植物ボールです。私はIKEAのミートボールと比べたら、こっちのほうが好きかな。

久々に友達と楽しく過ごした一日でした。

ヘイニ・リータフフタ展についてはレセプションに行った話を書きましたので、よろしければこちらもご覧ください。

【この記事をシェア】

コメントを残す

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る