7月の運営と今後の入荷について

こんにちは。今日から7月。1年の半分が過ぎました。今年は2020年という区切りの良い年だったのに、なんだか無かったような気持ちもします。

さて、メールマガジンには書きましたが、フィンランドから先月発送された商品がまだ届きません。いつ来るのか分からず、予定が立たないので一層のこと今月は新着アップをしないと決めました。また、せっかくなので、お店も開店せず、北欧流に7月を夏休みとします。

物は入ってきませんが、ありがたいことにネットでのご注文は変わらずいただいているので、だんだん商品が減ってお店の中がスカスカになってきました。

縦に置いていたのものを横にしたり、立てていたものを平置きにしたり、上に置いていたものを下に移動したりして、スカスカ感をなくすようにはしていますが…。

買い付けに行く代わりに、現地のディーラーさんに協力してもらいながら、仕入れているのですが、1回の量が少ない。買い付けに相当するボリュームにしようとするとこまめなやり取りが必要で、なんとなく気持ちが疲弊してきたところ、思いがけない申し出がありました。

15年くらい前からビンテージのネットショップを運営していたフィンランドの友人から、在庫品を全て買い取ってくれないかと連絡が来たのです。今回のコロナが原因ではなく、彼女の夫が海外勤務になり、フィンランドに帰国する目途が立たないからとか。

彼女のセレクトはフクヤのテイストに近いので喜んで申し出を受けさせていただきました。一部はすでに発送してもらっています。例のごとく動いている様子がないのですが、全て届けば通常フィンランドで1回に買い付ける7割くらいはカバーできる量なので、助かりました。ただ、これから届いてアップするとなると、やっぱり8月以降になりそうです。

フィンランドの商品は買い付けに行かなくても何とかなりそう。あとは、スウェーデンをどうするか。EUは今日(7月1日)から日本からの渡航を受け入れると発表しましたが、スウェーデンは延長され7月7日からとか。スウェーデンはコロナの感染者数が多いので、外務省は渡航自粛を呼び掛けています。でも、100万人当たりの死亡者数は、ロックダウンしたイギリスよりも少ないのですけれどね。

送ってもらっている商品が、思ったよりも早く届いたら予定を変更して新着アップをするかも知れませんが、今のところは、ここらで一足早い夏休みを満喫するつもりでいます。まずは近所にできたコメダ珈琲にフィーカに行くところからかな。あと、くたびれてきたお店の内装に手を入れたいとも思っています。これでサマーハウスにでも行けば北欧人的なんだけど。

冷房の風を顔で受けおっさん風にくつろいでいる、みかん1歳。

猫に倣って冷房の風を受けながら目をつぶると、スウェーデンで過ごした森のサマーハウスにいる気分になるかな。

【この記事をシェア】

コメントを残す

こちらもお勧め

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る