収穫の秋

昨日、友達が実家の葡萄園で取れた、新鮮な葡萄を持って遊びに来てくれました。
気がつけば、お店には葡萄だけでなく梨や栗など秋の果実が並んでいます。
そういえば昨日あたりから、東京も肌寒い。日の光も弱くなってきたような。
こんな日は不思議とブルーが美しく見えます。
これはグスタフべリのPrunus(プルヌス)。リンドベリの代表作のひとつで、澄んだプラムのブルーと葉のグリーンが瑞々しくファンも多いシリーズです。
水彩画でさっと塗ったようなプラムの絵は、手書きの暖かさを残していて、クールになりがちな色合いを優しく暖かく変化させています。
暖かさと、涼しさ。そんな相反する二つの要素を併せ持ったようなこのシリーズ。夏と秋の境目の今の季節にぴったりです。
ケーキ皿はこちら。カップはこちらからどうぞ。
ところで、昨日せっかく葡萄を頂いたのに、おしゃべりに夢中になりすぎて皆に出すのを忘れてしまいました。
ごめんね。その後おいしく頂きました。
ミタ

【この記事をシェア】

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る