デンマークのB&Bは・・・

おはようございます。
日本時間の夜中の12時、デンマーク時間の夕方4時に、コペンハーゲンに到着。

copenb&b4.jpg

そのまま宿紹介エージェントに紹介してもらった、K氏のお宅に向かいました。
古い建物の最上階にあるそのお部屋は、小さいながらもコーヒーセットや自由に使えるパソコン、テレビ、最小限の家具で調えられ、セントラルヒーティングがぽかぽかと暖かい快適な部屋。
「ふむふむ、なるほどね」と簡単にK氏に部屋の使い方の説明を受け、続いてバスルームとキッチンに案内されて、びっくり!

扉を開けた先には、改装中とのことで養生シートとペンキの匂いに包まれた、ながーい廊下、そしてその先には、思いがけなく広く明るいリビングが。

宿泊用の部屋には専用の玄関があり、直接部屋に入ったのでまさか、その先がこんな広いお宅とは思ってもいませんでした。

これは改装中のリビングですが、右側に有るのはこれまた広い部屋に通じる扉が、そしてその先にはまた扉があります。天井も高い!

copenb&b1.jpg

そのリビングの窓からは、可愛らしい家の列が見えます。K氏の説明によると、この家々はかつては貧しい人たちの住居だったのですが、今は逆に裕福な人たちがこぞって住みたがり、今は高級住宅街ということです。
・・・ということは、K氏もまた・・・?

copenb&b2.jpg

そう思ってみれば、建物の最上階ワンフロアーをすべて住居として使っているし、K氏のお仕事はデンマーク政府のお役員とか。
こうやって思いがけず、デンマーク高級住宅街に泊まることとなった私たちなのです。

copenb&b3.jpg

とはいえ、116年もたつ古い建物、部分部分は古いままでトイレとバスルームの鍵は、鍵穴に鍵を差し込むタイプ。
普通のドアノブをまわす要領でトイレのドアを開けようとして、鍵を抜いてしまって、ドアノブを壊したかと思って大慌て!
トイレの水をどうやって流すかわからず、トイレの中を探しまわったり(紐を引っ張るタイプでした)。

エレベーター無しなので、5階まで上がるたびに(しかも天井が高いので階段が長い!)息が切れてヘトヘトになるやら。
ここには3泊泊まる予定。なんだか、話題にはことかかなそう。
ミタ

【この記事をシェア】

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る